相続に関することなら弁護士にお任せ~遺言から争いの可能性~

男性

税金のトラブル回避手段

女性

個人事業主が行っていると税金面のトラブルに対応する事もあり、不要なリスクを抱える事態になりかねません。それを回避するためには税理士の活躍が不可欠です。特に優れたサービスを提供する事で知られているのは、接客方法も上品な東京で活動している税理士です。

詳細を確認する

納税義務がある

男性

税理士は一般納税者に代わりり税務代理を行っています。税法はその時々の情勢によってすぐ変わってしまいますのでそれにすぐ対応ができる税理士でなくてはなりません。大阪でもすぐに対応できる税理士がたくさん活躍しています。

詳細を確認する

人の死と法律問題

専門家に依頼するのが安心

弁護士

人が亡くなると、その人が持っていた財産は、遺族に承継されることになります。遺言により、相続財産を特定の者に承継させる旨を残している場合は、それをもとに相続がなされますが、そうではない場合、法律に定められた法定相続分に従って、相続がなされます。 法律的に問題となるパターンは、遺言によって、特定の者に相続をさせるとされた場合です。家族以外の者が指定されていると、相続を生活の当てにする遺族にとっては困ります。そのため、そういった場合には、弁護士に相談するのが最適です。 弁護士は、法律の専門家であり、民法についての知識と、実務の素養を備えています。遺言と言っても、それが有効であるとは限らず、無効な場合もあります。また、遺留分を無視した遺言は、その限りにおいて無効です。こういった点を、弁護士は判断してくれます。したがって、まずは弁護士に相談するのが、最善の手段です。

専門家でも得意分野がある

弁護士にも、得意分野があります。例えば、民事系が得意な方もいれば、刑事弁護をメインにやっている方もいます。もちろん弁護士であればどの分野についても、代理人になったり、対価を得て相談をすることができます。しかし、法律分野は広く、それぞれの得意分野をメインに扱う傾向にあります。 実務では、法律の条文のみが大切ではなく、事務取扱や専用の書式の用い方といった、特定の分野に必要な知識も異なります。そのため、相続問題について相談したいのであれば、相続を専門としている弁護士に相談すべきです。経験豊かな弁護士は、類似事例を引き出して、当時案においては、どういった結論が導き出されるのか、瞬時に判断できます。また、訴訟になったとしても、円滑な訴訟活動が期待できます。したがって、経験豊かな相続の専門弁護士に、相続問題の相談をすると良いでしょう。

独立開業できる

法律

社労士は働く人と会社の間で起こる様々な労務関係の手続きを行っています。会社の中でこの資格を持ち従業員として働いている人も、独立してこの業務を行っている人もいます。横浜でも多くの人がこの資格を持ち独立開業している人がいます。

詳細を確認する